エバメールモイストテックUVジェル50+

エバメールUVゲル 80g

美容成分を贅沢に配合した日焼け止め

国内最高レベルの紫外線カット効果。

優れた保湿機能を追求するMoist Tecから生まれたUV美容ジェルです。


SPF50+ PA++++ 内容量:70g


2,800円 (税抜)
ご注文方法

明日14時過ぎ迄のご注文なら7月30日(日曜日)~8月1日(火曜日)にお届け(一部地域除く)


エバメールモイストテックUVジェル50+ サンプルアルミパック

エバメールモイストテックUジェル50+ サンプルアルミパック
エバメールモイストテックUVジェル50+のサンプルアルミパック。
商品ご注文の際にお申し付けください。
サンプルのご案内

エバメールモイストテックUVジェル50+について

美容成分を贅沢に配合し、透明感のあるハリ肌へ。

ウォーターチェンジテクノロジー処方採用で、ウォーターベースの軽いジェルが、優れた耐水性を実現。化粧崩れも防ぎます。

汗、水にも強く海やプールなど夏のレジャー、スポーツに最適です。

紫外線以外にも、たばこの煙、排気ガス、PM2.5などのような大気汚染物質からもプロテクト。

お顔とボディに毎日お使いいただけます。


  • アレルギーテスト済み※1
  • パッチテスト済み※2
  • 香料・鉱物油・パラペン不使用

※1.全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。

※2.全ての方に刺激がないということではありません。

モイストテック(Moisture Technologyの略)とは

株式会社エバメール化粧品が開発した角質層に含まれる水分をより正確に想定する技術です。この技術を製品開発に活かしています。


エバメールモイストテックUVジェル50+のご使用方法

フェイス

ゲルクリームがお肌によくなじんでから、モイストテックUVジェル50+を適量手のひらに取り、塗り残しがないようムラなく伸ばしてください。

化粧下地としてもお使いいただけます。

ボディ

モイストテックUVジェル50+を適量手のひらに取り、紫外線の気になる部分に塗り残しがないようムラなく伸ばしてください。


※よりしっかりと紫外線を防ぎたい方は、重ねづけしてお肌になじませてください。定期的な塗り直しが、一層効果的です。

※肌をタオルで拭いた後は、その都度つけなおしてください。

原料・製法について

使用しているのは紫外線錯乱剤ですか?紫外線吸収剤ですか?

紫外線吸収剤(「メトキシケイヒ酸エチルへキシル」「ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸へキシル」)を使用しております。

紫外線吸収剤はコーティングされていますか?

コーティングはされておりません。

「UVゲル」「モイストテックUVジェル50+」どちらがお肌に優しいですか?

お肌に対してより優しいといえるのは、従来の「UVゲル」になります。

ただし、「モイストテックUVジェル50+」は保湿成分や美容成分を配合し、外部機関において「アレルギーテスト」や「パッチテスト」、そして「スティンギングテスト」をクリアした製品です。

中でも「スティンギングテスト」とは、『スティンギング=ピリピリした刺激』が起こらないことを確認するテストのことで、敏感な被験者の顔面に製品を塗布し、その刺激感・不快感を自己申告してもらうことによって、製品のスティンギング誘発性を判定します。


つまり、「モイストテックUVジェル50+」は敏感肌でも刺激を感じず、安心して使える化粧品であるという評価をいただいています。

使用している界面活性剤はどれですか?

「セスキイソステアリン酸ソルビタン」と「ラウリン酸ポリグリセリル-10」です。

どちらも安全性の高いものを使用しております。

SPF値・PA値とは?

SPF値...SPFはSun Protection Factorの略で日本語では「紫外線防御数値」といわれています。

主として「UVB」によるサンバーン(赤くなる日焼け)の防止効果の指標で、SPF値の数字の意味は、紫外線をカットできるかどうかということではなく、肌が赤くなり始まるまでの時間をどれくらい延長できるかを示した数値でございます。


PA値...PAはProtection Grade of UV-Aの略で、UVA防御指数といわれています。

肌の奥に影響を及ぼす緩やかな日焼け(サンタン)を引き起こす「UVA」による皮膚の黒化を、どの程度遅らせるかを示す数値です。

「+」が多いほどその効果が高いといわれています。

使い方について

どのくらいの量を塗ればいいですか?

日焼け止めは正しくきれいに塗らないとムラになり、効果が半減してしまします。

適量とご案内させていただいておりますのは、人にはそれぞれに適量があるということからです。

およその目安としてご案内するなら、お顔でしたらだいたい1~2gを、ゲルクリームなどでしっかり保湿をした後、やさしくお顔全体にムラがないよう丁寧に塗り広げてください。

塗り直しは必要ですが?またどのくらいで塗り直したらいいですか?

朝、しっかり塗った日焼け止めも時間が経過すると、紫外線吸収剤は性質上紫外線を吸収するにつれ効果が下がることがありますので、できればこまめな塗り直しをおすすめします。

特に、汗をかいたりして肌をタオルで拭くなどをした後は塗り直しをしてください。

何時間効果がありますか?

SPF50というのは、赤みが出てくるまでの時間を50倍遅らせることができるという意味で、例えば何も塗らない時に20分で赤みが出る肌の人が、SPF50の化粧品を塗れば、20分×50=1000分間遅らせることができます。

つまり、約16時間は赤みが出なくなるくらいUVBから肌を守る働きがあると言えます。

子供にも使えますか?

もちろんお使いいただけますが、誤用につながる可能性があるため、お子様にご使用する際は、保護者の指導監督のもとに、少量を腕などで試してからお使いください。

メイクの上から塗り直してもいいですか?

皮脂や汗を拭きとった後、塗り直してください。

その後、パウダーファンデーション露肌(SPF20/PA++)を重ねていただければ同時にお化粧直しもできるのでおすすめです。

「UVゲル」と「モイストテックUVジェル50+」どちらをおすすめしたらいいですか?

外出時間や場所、行動内容などによって、使い分けしていただくことをおすすめします。

たとえば、通常の家事、洗濯物を干す、または近所へ買い物など、ちょっとした外出くらいならSPF30の「UVゲル」、炎天下でのレジャーなど長時間の外出、そして海や山、紫外線を直接浴びる場所なら「モイストテックUVジェル50+」と。

また、お肌に合うかどうかも必ずお確かめいただくこともお忘れないようお願い致します。

エバメールモイストテックUVジェル50+の内容成分

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、アスコルビルグルコシド、水溶性プロテオグリカン、水溶性コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、クロクスクリサンツス根エキス、アロエベラ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ワサビノキ種子エキス、ビルベリー葉エキス、ポリクオタニウム-61、グリチルリチン酸2K、DPG、BG、イソステアリン酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、アラビアゴム、マルトデキストリン、キサンタンガム、デキストリン、カルボマー、水酸化K、トコフェロール、BHT、フェノキシエタノール

製造元:エバメール化粧品

4571262441345

ご注文のご案内